Health Freak

病気・健康に悩む30代女性向けの話題を主に紹介する総合ブログ

ドクターセノビル 身長

ドクターセノビルが雑誌やメディアで話題!アルギニンが子供の成長のカギってホント!?

更新日:

子供の成長に悩むお母さん

お子様の成長で悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか?

「うちの子、このままクラスで1番小さいままだったらどうしょう。」

「わたしも主人も小さいから、うちの子も身長が伸びないのかな?」

 

自分の子供と他の同級生の子供達とを比べた時に、自分の子供が小さいのを目の当たりにすると本当に焦ってしまいますよね。

 

特に成長期の小学校の高学年から中学生にかけて、周りの子がどんどん大きくなっていくのを見ると本当に将来のことが心配になりませんか?

 

子供の成長を考えた結果、子供向けの成長サポートサプリメントを飲ませようにも、たくさんの種類がありますよね。

なので、結局どのサプリメントを飲ませたらいいのか分からないのが現実です。

 

そんな中でも「ドクターセノビル」が雑誌やメディアで話題だったので調べてみました!

 

成長サポートサプリメントのドクターセノビルとは?

ドクターセノビル

ドクターセノビルは成長期の子供向けに作られた成長サポートサプリメントで、モンドセレクションの銀賞を3年連続受賞しています。

 

また、購入者のリピート率が98.4%と高いので、ママ友から教えてもらったりメディアや雑誌で話題になることも度々あるので、知っている人も多いかもしれませんよね。

 

ここで実際にドクターセノビルを飲んだ人の喜びの声を少し紹介すると、、、

息子ですが、ドクターセノビルを1年間飲み続けて期待通り大きくなりました。
それと同時に、すべてにおいて積極的になりました。
わたしが感じたのは、成長で悩んでいる子は単にそれだけで悩んでいるだけでなく、劣等感を持っているのかもしれないと気づかされました。

長男が中学校でバレーボールをしており、いつも体格の事を気にしていました。
しかし、ドクターセノビルを飲み始めて6ヶ月が過ぎるころから、身長だけでなく体つきも大きくなりパワーがついてきたなという感じです。

 

そんなドクターセノビルについてもっと詳しく調べてみました!

 

ドクターセノビルは信頼できる?

悩む人

「うちの子ドクターセノビルを飲んで本当に大きくなってくれるのかな?」って思いますよね。

 

それは親であれば誰もが思う疑問ですが、今のこの現状を変えないと何も変わらないのではありませんか?

 

また、同じ兄弟でも成長のスピードが全然違う場合なんかは、次男も長男と同じように大きくなってくれるか心配になりますよね。

 

しかし、心配ばかりしていても子供は大きくならないので、子供に対して何らかの行動をしてあげなければいけないですよ!

 

ドクターセノビルで注目すべき栄養素とは?

サプリメント

成長期に身長が伸びるためには「成長ホルモン」が必要であるというのは聞いたことがあると思います。

 

成長ホルモンの分泌を促すのに有効な栄養素をたくさん含むサプリメントが「ドクターセノビル」です。

 

そのドクターセノビルに含まれる注目すべき栄養素が「アルギニン」です。

 

アルギニンの必要量は以下のとおりです↓

WHO(世界保険機構)の発表によると体重50~60㎏の人で 1日あたり6,000~7,000㎎のアルギニンが必要と言われています。

 

ドクターセノビルは1日に2袋を飲用することを推奨していますので、アルギニンを1日あたり5,000㎎摂取できます。

 

成長ホルモンとアルギニンの関係は?

成長ホルモンは脳の下垂体から分泌されるホルモンのことで、体の成長を促してくれる働きがあります。

 

アルギニンを摂取することにより、成長ホルモンが増加することは長年の医療の発達と実験結果によって明らかになりました。

 

そのアルギニンですが、子供は成人と違って体内で十分に作ることができません。

また、通常の食事では充分な量を摂取できないため、食事以外の他の方法で補ってあげることが必要になってきます。

 

骨端線とはそもそも何?

「骨端線(こつたんせん)って何?」「聞いたことない」って思う人もいると思いますが、意味は読んで字のごとく「骨の端の線」です。

骨端線

上の画像は写真ではありませんが、実際のレントゲンで太ももなどの関節を見ると、上の図のように関節の骨のつなぎ目の横に線というか隙間が見えます。

 

これが骨端線で成長線とも言われており、骨端線の間には軟骨組織があります。

 

成長期に成長ホルモンが作用することによって、この軟骨組織が増殖して広がり、硬い骨組織となって縦に骨が伸びていく。

その結果、「骨が縦に伸びる → 身長が伸びる」というわけです。

 

この骨端線があるのが男性では17~18歳まで、女性では15~16歳までと言われています。

人によっては20歳を超えても骨端線が残っている場合もありますが、普通は大人になるに連れて閉じていきます。

 

Q.「骨端線が閉じてしまうとどうなるの?」

A.骨端線が閉じてしまうと身長が伸びるのは止まってしまいます。

だから骨端線の存在が重要なのです。

 

お子さまの骨端線を確認する方法は病院でレントゲンを撮ってもらえば確認できます。(上の図のような線があるのかないのか確認できます)

 

しかし、今現在お子様の身長が伸びているのであれば、骨端線はまだ存在していると思って間違いありません。

 

なので、骨端線があるうちは成長ホルモンが分泌物されることにより、まだまだ身長が伸びる可能性があります。

 

その骨端線が存在し、身長が伸びる可能性があるうちに成長ホルモンの分泌をサポートしてあげるのが非常に大切になってきます。

 

食事でアルギニンはどれくらい摂取できる?

「アルギニンが成長ホルモンに作用するのは分かった!」

 

しかし、普段の食事でどれくらい摂取できるのか気になりませんか?

先程も書きましたが、WHOによると体重50~60㎏の人で1日あたり6,000~7,000㎎のアルギニンが必要と言われています。

 

これを普段の食事に置き換えてみると、、、

例えば、アルギニンをたくさん含む納豆で1パックあたり470㎎。

鶏肉ですと可食部100グラムあたり1,000~1,500㎎です。

アルギニン

「えーっ?」って思いませんか?

「納豆だけで1日10パックも食えるかよ!」って言いたくなりますよね。

 

ここでアルギニンをたくさん含む大豆食品で比較すると100グラムあたり以下のようになります。

  • 味噌 → 910mg
  • 油揚げ → 1500mg
  • 大豆 → 2800mg
  • 高野豆腐(乾燥) → 4200mg

アルギニンの含有量を不等式で表すと 高野豆腐(乾燥)>大豆>油揚げ>味噌 となります。

 

高野豆腐は乾燥状態がアルギニンを一番多く含みます。

でも、さすがにカチカチの乾燥状態で食べる人はいませんよね~(笑)。

 

これだけをみても、いかに日々の食生活の中でアルギニンを摂取するのが難しいかわかりますよね。

 

参考までに書きましたが、毎日の食生活の中で意識してアルギニンを多く含む食物を摂取すればドクターセノビルは1日1袋の摂取でもいいと思います。

 

ドクターセノビルに含まれているその他の成分は?

ドクターセノビルにはアルギニン以外にも以下の栄養素が含まれています。

クエン酸
疲労物質の乳酸を分解して排出する。
カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルの吸収を高める。

シトルリン
新陳代謝や筋力の向上。疲労回復。

スピルリナ
奇跡のスーパーフードといわれるほどの高い栄養価。

ボーンペップ
丈夫な骨を作る。

α-GPC
成長ホルモンの分泌を促進。健康増進。

オルニチン
アミノ酸の一種。成長ホルモンの促進。

 

ドクターセノビルは何歳までに飲めばいい?骨端線がある今が最大のチャンス!

運動会の画像

もし子供が大人になってから背を伸ばしたいと思っても、もうその時には手遅れなんですよね。

 

子供の成長期にしっかり必要な栄養素を補給してあげることが必要になります。

 

その点からすると、成長期に成長のことで悩んでいるのであれば、今が大事です。

 

成長期の子供はアルギニンを体内で生成するのが難しいため、他の方法で補ってあげることが必要です。

 

また、骨端線が閉じてしまうと身長は1mmたりとも伸びないため、成長期に骨端線があるうちが勝負です。

 

骨端線があるうちになんとかしてあげたい!というあなたは、ドクターセノビルの公式サイトをチェックしてみて下さいね☆

 

公式サイト⇒ドクターセノビルの公式サイトはこちらをクリック!

-ドクターセノビル, 身長

Copyright© Health Freak , 2019 All Rights Reserved.